文野直樹(大阪王将)の経歴、独自路線とは?餃子の王将と違う?カンブリア宮殿

スポンサードリンク

こんにちはヒロです。

4月8日のテレビ東京番組「カンブリア宮殿」

【外食だけじゃない!攻めの経営で躍進する町中華チェーン】

に大阪王将(イートアンド)の文野直樹会長が出演します。

大阪王将は、独自路線をひた走る町中華チェーン

としてコロナ禍でも躍進を続けます。

そんな文野会長の経歴、餃子の王将との違いについて調べてみました。

それでは一緒に確認をしていきましょう。

スポンサードリンク

文野直樹会長の経歴は?

出典:https://www.eat-and.jp/

生年月日:1959年11月29日(2021年4月時点、61歳)

出生地:高知県中村市(現四十万市)

出身地:大阪府枚方市

最終学歴:常翔啓光学園高等学校(大阪学院大学経営学部中退)

趣味:スポーツ、おやじバンド

座右の銘:我以外みな師匠なりけり

スポンサードリンク

大阪王将の独自路線とは?

大阪王将は創業時から生産事業の強化を続けてきました。

生産事業とは、大阪王将などの商品の

冷凍食品事業などことです。

主力商品である「大阪王将 羽根つき餃子」、

「大阪王将 ぷるもち水餃子」等をスーパー

で見たことがある人も多いのではないでしょうか。

羽つき餃子

出典:https://www.amazon.co.jp/

実際、大阪王将の直近売上を観てみると、

食品(冷凍食品など)が外食(大阪王将など)を上回っています。

出典:https://www.eat-and.jp/

前期比を見ると、外食も若干伸びていますが、

食品の伸び率が大きいことがわかります。

このことから、冷凍食品などの食品の伸びが今後も増え

コロナ禍でも盤石なことがわかります。

3代目の社長、仲田浩康さんは、2代目社長の

文野直樹さんから「外食以外を大きくしてくれ」

という指令を受け、現在も成長中です。

スポンサードリンク

大阪王将と餃子の王将の違いとは?

大阪王将の創業者、文野新造さん(写真右)は、

文野直樹さん(写真左)父です。

文野新造

出典:https://www.osaka-ohsho.com/

父の文野新造さんは餃子の王将の

創業者の加藤朝雄と親類にあり、

のれん分けをする形で1969年に

大阪京橋に1号店をオープンしました。

文野社長の父親は、「生産事業」を

志向しており、早くに餃子の生産工場をつくり、

各店のオーナーへの販売委託を進めました。

現在の大阪王将の指針と変わらず、

先見の明があったと思われます。

もともと円満な形でのれん分けをしたものの、

大阪王将が餃子の王将の本拠地である京都に

出店してから、商標の仕様を巡り裁判となり、

1985年12月2日、店舗名を現在の『大阪王将』

に改めることで一時は和解に至りました。

裁判の判決文は非常に長いですが、

要約すると訴訟費用は両者半々となっており、

喧嘩両成敗となっております。

つまり、どちらかが一方的に悪いわけではないので、

うまくやってください、という感じです。

スポンサードリンク

まとめ

4月8日のテレビ東京番組「カンブリア宮殿」

【外食だけじゃない!攻めの経営で躍進する町中華チェーン】

に出演する大阪王将(イートアンド)の文野直樹会長

について調べてみました。

創業者である、父の文野新造さんの時代から、

味にこだわることはもちろんのこと、

ビジネスとして生産事業(冷凍食品事業)に

力を入れていたことがわかりました。

今後も、大阪王将のビジネスの発展を期待しております。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする