激レアさん3.1出演、25年間卓球を続け、35歳で奇跡を起こした人の学歴、経歴は?

スポンサードリンク

こんにちはヒロです。

3月1日深夜放送のTBS番組

【激レアさんを連れてきた。】では、

25年間卓球をやり続け、35歳で奇跡を起こした

激レアさんが紹介されます。

今回、卓球ストーカーとも言われる

激レアさんはどんな方なのか、

お名前、学歴、経歴などについて調べてみました。

激レアさん(卓球ストーカー)のお名前は?

3月1日深夜放送の「激レアさんを連れてきた」で

紹介される35歳の卓球選手は、岩城禎さんです。

岩城禎(いわき ただし)

https://www.sanspo.com

これまで全国区の成績を残したことがないにもかかわらず、

35歳で初の全日本卓球選手権(男子シングルス)出場を

果たす、奇跡を起こします!

全日本選手権の結果は、次のとおりでした。

1回戦:◯岩城禎―滝澤拓真(棄権)

2回戦:×岩城禎1―松島輝空3

2回戦で破れた松島輝空選手は13歳の天才少年で、

岩城さんとの年齢差は22歳です!

対戦後、岩城さんは、

「普段練習相手にもピッチの速い選手はいるけど、彼は速い上にミスがない。もちろん勝ちにいきましたが、1本でも満足いくラリーができればと思っていた。まるで年上の選手と戦っているみたいでした。」

と笑いながらコメントを残しています。

松島選手との試合は全日本選手権で最も注目された試合で、

試合時間より直後の記者会見のほうが長かったようです。

卓球の選手寿命が30歳前後までと言われています。

水谷隼選手も世界ランキングのピークは

25〜28歳のときでした。

35歳で初出場の選手なんて過去におらず、

相当珍しかったのでしょう。

スポンサードリンク

岩城禎さんの学歴、経歴は?

〜小学校(公立小学校)〜

小学校5年のとき:卓球クラブに入る(卓球人生の始まり)

必修クラブを選ぶ際、もともと陸上クラブを希望していましたが、定員8人に対して希望者が9人いました。

じゃんけんで決めることになり、岩城さんがグーを出したら、周りが全員パーで即負けたようです。

上手くなりたい岩城さんはお父さんにお願いをしたところ、なんと家に卓球台を買ってもらいました。

父に買ってもらった卓球台で、経験者でない父と毎日、練習を重ねたそうです。

〜中学・高校:奈良学園(偏差値65)〜

奈良学園は、中高一貫の進学校ですので、勉強は得意だったのでしょう。

奈良学園に入学後は卓球にのめり込みます。

毎晩23時まで練習をし、1時に寝て5時半に起きる生活を続けていました。

それでも学生時代の最高成績は奈良県でベスト8止まりでした。

ですが、卓球に練習時間を費やす余り、現役時代は受験勉強をろくにせず、授業はほぼ寝ていたので、留年をしてしまいます。

浪人時代は、模試で1位の成績を残します。

そして、見事、一浪の末、神戸大学法学部に入学します。

〜大学:神戸大学法学部〜

神戸大学卓球部では部員を捕まえては、毎日8時半〜22時半まで練習を重ねました。

部員からは卓球場に住んでいると思われていたそうです。

弁護士を目指すため司法試験にも挑戦をします。

しかし、当時の彼女から次の年に「就職か司法試験に受からないと別れる」と迫られ、就職するに至ったそうです。

そして、5年をかけて神戸大学法学部を卒業します。

スポンサードリンク

〜社会人時代〜

岩城さんは、奈良県の大和郡山市役所に就職しました。

卓球の練習時間を確保するため、定時で帰れて土日が休みの公務員を選びました。

市役所では、仕事が終わってから毎晩遅くまで練習をしていたようです。

しかし、市役所は2年で退職しまし。

退職をした理由は、このままの生活・練習量では厳しい「一度きりの人生だから」と思い、もっと卓球に集中したいと思ったからだそうです。

市役所退職後は、投資家として、生計を立てているようです。

全日本卓球予選には兵庫で7、8回、奈良で6回目、合わせて15回ぐらい挑みます。

そして、ついに2021年の予選で遂に本戦への切符を手にします!

小学校から数えると何年の月日がたったでしょうか。

数えると、2+6+1+5+6⇒なんと20年

小学:2年、中高:6年、浪人:1年、大学:5年、社会人:6年

学生時代の遊びの時間や、司法試験の勉強時間など、多くの犠牲を払いながらも、

自分の好きな卓球のためにここまで時間を費やす努力は並大抵のことではありません。

そして、岩城さんのすごいところは、本当に全日本選手権出場という結果も残していることです。

現在は、司法試験の再勉強をして、弁護士になることも検討しているそうです。

岩城さんほどの努力家であれば、司法試験の勉強に全集中すれば、試験を突破し、弁護士になることもできるでしょう。

しかし、岩城さんは満足をしておらず、「今までは出るのが目標でしたから、来年は出た上で1つ勝つことを目指します」

岩城さんの名言は途中に出ました、「人生は一度きり」です。

私は34歳と歳が近いこともあり、岩城さんのメッセージは同世代の励みになります。

私も34歳からブログをはじめましたが、34歳なんてまだまだこれから。

若い10代、20代に負けず、読者のためになる(読んでいて面白い)中身のある記事を書いていきたい!と思いました。

まとめ

3月1日深夜放送のTBS番組【激レアさんを連れてきた。】に登場する、25年間卓球をやり続け、35歳で奇跡を起こした激レアさん(岩城禎)さんについて調べてみました。

35歳で全日本出場の夢を果たすために、(失礼ですが)常軌を逸した努力は本当に真似ません。

岩城さんは、まさに番組のタイトル通りの「激レアさん」でした!

また、岩城さんは現日本に出場するだけでは満足をしておらず、1つ勝つことを目指し、挑戦を続ける姿もかっこいいなと思います。

年齢に抗い、今後も更に活躍することを期待しています!

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする