日高大介(クイズ作家)の経歴、年収は?結婚はしているの?NHKストーリーズ出演

スポンサードリンク

こんにちはヒロです.

人気クイズ作家の日高大介さんと矢野了平さんが、

NHK総合番組のノーナレやプロフェッショナルに出演しました。

日本最高峰のクイズ作家の2人に

「人生最高の一問」を依頼したらどんな名クイズが生まれるか?

といったテーマのドキュメントです。

日高大介さんは、「高校生クイズ」、「Qさま!」、

「クイズ!ヘキサゴン」など代表的なクイズ番組の

担当をしている有名クイズ作家です。

今回は、日高大介さんの経歴、年収、

クイズ作家になったきっかけなどきになってこと

について調べてみました。

みなさん一緒に確認していきましょう!

スポンサードリンク

日高大介さんの経歴は?

出典:https://fensi.plus

名前:日高大介(ひだかだいすけ)

出身地:宮崎県宮崎市

生年月日:1977年10月28日

高校:静岡県立浜松北高校

大学:慶應義塾大学経済学部(中退)

浜松北高校2年生のときに、

「全国高校生クイズ選手権」でテレビ初出演しており、

高校生の時からクイズ王としての頭角を現します。

1998年には「アタック25」で優勝をきっかけに、

その後も数多くのクイズ番組で活躍をしています。

日高さんがクイズ王として君臨できた、クイズの勉強方法は?

日高さんはクイズ番組をビデオに撮って、

クイズ問題やナレーションを全部文字起こしていたようです。

このような経験から、

クイズ番組の「文体」や

「難易度の感覚」を身体に染みこませました。

私も大学の論文や今書いているブログの執筆の際は、

過去の論文や記事のテンプレートを見て、

「文体」や「構成」を勉強しています。

やはり何事もトレーニングの積み重ねが

大事なのだと思います。

クイズ作家(放送作家)になったきっかけ

クイズ作家になったきっかけは、

慶應義塾大学のクイズ研究会の先輩が『高校生クイズ』の

問題を作っているのを見て興味を持ったことです。

日高さんの所属していた、

慶応クイズ研究会(KQK)は、

現在でも部員数約50名の人気のサークルです。

例年は合宿なども行っており、楽しそうな雰囲気です。

現在はコロナ禍のためオンライン絵の活動がメインのようです。

https://twitter.com

日高さんは大学が慶應なので裕福な家庭の育ち

かと思いきや、日高さんは大学時代の学費、

家賃は自活していました。

それに加えバイト代の9割近くを親に送金しており、

当時はそれが普通のことだと思っていたそうです。

大学中退後も10年ほど両親から無心され続け、

さらに、両親は日高さんの知らない間に

離婚をしていたようです。

このことから両親とは距離をおいているようで、

順風満帆ではない一面も伺えました。

私は大学時代、学費や生活費をほぼ両親からの

仕送りに頼っており、当時はそれが普通だと思っていました。

いかに自分が恵まれていたかを思い知らされ、

両親には感謝をしないといけないなと改めて感じました。

スポンサードリンク

日高大介さんは結婚しているの?

日高大介さんの奥様や家族について調べてみました。

2009年1月11日に入籍されており、

既婚者であることがわかります。

同じクイズ作家の矢野了平さんとのTwitterから、

奥さまの旧姓は棚山(タナヤマ)と推定されます。

https://twitter.com

子どもに関する情報はありませんでした。

2009年の入籍後10年ほど経過しているので子どもが

1、2人いてもおかしくありません。

スポンサードリンク

日高大介さんの年収はいくらなのか?

一般的な放送作家の平均年収は300〜400万円が相場と言われています。

ですが、売れっ子の日高大介さんは別格でしょう。

質問箱での矢野了平さんの回答では、

日高さんの年収は17億らしいとのこと!!

さすがにこれは冗談だと思うのですが、
日高さんは現在、フリーランスとして活動されています。

フリーランスの放送作家の場合は

番組1本につきいくらという歩合制で支払われます。

額は放送内容や時間帯によりますが、

中堅で10〜15万円、大御所で20万円と推定されます。

クイズ作家(放送作家)として、

仮に週2でクイズ番組を担当していとすると、

2×52(週/年)×200,0000(円)

=20,8000,000(円)となります。

ですので、クイズ作家としての年収は

約2,000万円と推定されます。

その他、出版、講演、テレビ出演などもある

と思いますので、ざっと推定ですが

3,000万円以上の収入があるのではないでしょうか?

クイズ番組は番組名は変わりながらも、

常に日本のお茶の間を楽しませていますので、

今後もしばらくはクイズ番組がなくなることはないでしょう。

仮にこれだけ稼げるとなると、

クイズ作家になりたい!と思う方も多くいらっしゃるでしょう。

ですが、一般の人がクイズ作家を志し、

日高さんのようになれるかというと非常に難しいです。

インタビューで日高さんは、

年間約10,000問のクイズを作っていると回答しています。

これは1日も休みなくクイズを作ったとしても

1日30個程度のクイズを作り続けていることになります。

もはや凡人には真似できるレベルではないと言いますが、

普通の人だとノイローゼになってしまうので、

日高さんの才能だなと思います。

まとめ

NHK総合番組のストーリズやプロフェッショナルに

に出演した、クイズ作家の日高大介さんについて調べてみました。

日高さんの生まれ持った頭の良さもあるでしょうか、

クイズ番組をビデオに撮りクイズ問題や

ナレーションを全部文字起こして体に染み込ませていたことや、

今でも年間10,000問のクイズを作っていらっしゃることから、

クイズへの情熱や努力を継続できる力がすごい!と感じました。

これからもお茶の間のクイズ番組を

盛り上げてくださることを楽しみにしています!

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする