小野哲人(小野写真館)の学歴は?なぜ高級旅館を買収したの?ガイアの夜明け

スポンサードリンク

こんにちはヒロです。

3月2日放送のテレビ東京番組【ガイアの夜明け】のテーマは

「コロナで変わるホテル・旅館〜その裏側を徹底取材〜」です。

番組では、小野写真館の小野哲人社長が高級旅館を取得した

ことが特集されます。

今回は、小野哲人社長の学歴、小野写真館はどんな会社か、

小野写真館がなぜ伊豆の高級旅館を買収したか、

について調べてみました。

みなさん一緒に確認していきましょう!

小野哲人社長の学歴は?

小野哲人

出典:https://note.com/tetsundo

名前:小野哲人(おの てつんど)

高校:私立茨木高等学校

大学:青山学院大学経済学部

就職外資系金融に勤務

2005年に小野写真館の代表取締役社長に就任

茨城高等学校(偏差値71)

https://campus360view.com

茨城高校は、茨城県内でトップクラスの進学実績を

誇る進学校です。

茨城県では10校程度しかない私立の中高一貫校です。

茨城中学からの内部進学かもしれませんが、

出身中学校はわかりませんでした。

青山学院大学経済学部(偏差値62.5)

https://ja.wikipedia.org

学生時代に所属していた、部活動やサークルの情報はありませんでした。

小野社長はブログで次のようにコメントしていました。

世の中理不尽な事多いけど、、、

自らの正論や、正義感述べて、その理不尽から逃れようとしても、どの立場になっても理不尽は尽きないと思う。

会社でいっても、社長、中間管理職、新人それぞれに理不尽はあるし、それは主婦だって、小学生だって、高校生だって皆同じだと思う。

俺自身の考え方が古いんだとは思うけどはやっぱり、その理不尽さを乗り越えて欲しいと思うし、そこを超えた物にしかわからないステージあると信じる。

部活で、意味も無く、校庭で何十週も走らせられたり、一つ上の先輩の言うことは絶対だったし、どう考えても理不尽だったけど、、、

昔部活で、ひたすら理不尽に校庭を走らされたことを振り返っています。

小野社長はサッカーが好きで、水戸ホーリーホックの

ゴールドパートナーをやっています。

そのため、昔は部活でサッカーをやっていたのかもしれません。

私も野球部時代、練習では、「走り込み」として校庭を

十数周走っていました。

特に年配の方は、走り込みが足腰を鍛えるという考えがありますが、

現代のスポーツ科学では、「走り込み」は主流ではありません。

ダルビッシュ選手は「走り込み」は「トレーニングの意味が

なくなるくらい筋肉が削り取られる。

ランニングは足腰の強化にあまりつながらない」と主張しています。

ただ、小学生がこの頃に正論や正義感を述べても、

確かに何も始まりません。

ある程度の理不尽は受け入れて、

それを乗り越えることが大事なのかも知れません。

スポンサードリンク

小野写真館はどんな会社?

本社:茨城県ひたちなか市

1976年:創業

1997年:成人式衣装レンタル業参入

2005年:小野社長が代表取締役社長に就任

2006年:ブライダル事業スタート

2020年:桐のかほり咲楽(さくら)を買収

首都圏で写真、婚礼、成人式の3事業中心に展開しています。

小野写真館グループ 事業内容

https://ono-group.jp

小野社長は、写真屋1店舗を年商の倍の借金、赤字、

債務超過で引き継ぎ、15年で10倍の成長を果たしています。

当初は、いわゆる街の写真館でしたが、

「成人式衣装レンタル業」への参入から始まり、

「ブライダル事業」にも参入したりと、

非常に多角化経営をしていることがわかります。

スポンサードリンク

なぜ伊豆の高級旅館を買収したの?

2020年10月1日に、小野社長は、

静岡県河津町(伊豆半島/今井浜温泉)の

全4室オーシャンビュー&部屋露天風呂付き

高級温泉旅館「咲楽(さくら)」をM&Aで取得しました。

もともと宿泊事業には興味がありました。ただ実際に決断できたのは、コロナによって、小野写真館の未来をどうしようかということを考えざるを得ない状況になったからです。

人がたくさん集まる結婚式という事業はコロナ禍で大きな問題になりました。うちは披露宴会場を3つも持っていますので、相当の影響を受けました。コロナは自分では変えられない。かといってコロナのせいで会社が赤字になる、倒産するという事態は避けなければならない。経営者として大きな責任が私にはあります。その状況を踏まえて小野写真館のポートフォリオを全部作り直そうと思ったのです。そうしないと結婚式が元に戻らない限り、かつての安定した経営状態が戻ることはありません。新たなポートフォリオを描いている時、伊豆の河津という名勝地にある4部屋しかない旅館は、ウィズコロナの時代に非常に価値が出るだろうと考えました。これはチャンスなのではないかとひらめいたのです。

旅館の目の前は海です。夜は美味しいご飯と温泉。そこにフォトグラファーがつけば写真としてすべてを残せます。私たちのビジネス拠点は約20箇所ありますので、お祝いの宿泊プランを代理店として販売することもできるでしょう。私は小野写真館の現業務と旅館をかけあわせることで、“祝いのアップデート”を実現させたいのです。

https://br-succeed.jp

コロナ禍で小野写真館は茨城圏内の全店舗を4月18日〜5月6日までの営業自粛をしました。

特に婚礼事業は大ダメージを受けました。

4月5月に売上が70%以上落ち(ブライダル事業は85%以上)、その状況で縁もゆかりもない静岡県の高級旅館「桐のかほり咲楽」を買収しております。

そんな中、悲嘆に暮れず、新規事業に参入するエネルギーはすごいです!

これまで新規事業を立ち上げていくことによって小野写真館が成長してきたこと。

また、写真と旅館のシナジー効果も狙えることが合ったのでしょう。

また、「咲楽(さくら)」は元オーナーが高齢となり後継者不在でした。

そんな中、引く手あまたの高級旅館を小野社長が元オーナーを口説き落としております。

小野社長の熱意が元オーナーに通じたのでしょう!

まとめ

3月2日放送のテレビ東京番組【ガイアの夜明け】に出演する、

「小野写真館の小野哲人社長について、調べてみました。

コロナ禍で、小野写真館のビジネスも大打撃を受ける中、

新規事業を立ち上げ、成長を目指す、

小野社長のエネルギーがすごいと思いました。

今後も小野写真館のビジネスの成長を期待しております。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする