竹中功(元・吉本興業)の経歴は?年収はどれくらい?結婚して妻や子どもはいるの?

スポンサードリンク

こんにちはヒロです。

2月27日放送のNHK Eテレ

【SWITCHインタビュー 達人達(たち)「竹中功×田畑栄一」】に

元・吉本興業の竹中功さんが出演します。

竹中さんは吉本で芸人の不祥事の際は、

謝罪会見の仕切りをとり「謝罪マスター」の

異名を取る謝罪の達人です。

今回は、竹中功さんの学歴、経歴、

年収、家族などについて調べてみました。

みなさん、一緒に確認をしていきましょう!

竹中功さんの学歴、経歴は?

竹中功(たけなか いさお)

竹中功

出典:https://mdnboys.com

出身:大阪府

生年月日:1959年2月6日

学歴

大学:同志社大学法学部法律学科

大学院:同志社大学大学院総合政策科学研究科

経歴

1981年:吉本興業入社

・「マンスリーよしもと」初代編集長

・吉本総合芸能学院(NSC)の設立

・劇場のオープン(心斎橋筋2丁目劇場、

なんばグランド花月)に携わる

2015年:年吉本興業退社

吉本興業の退社後は、吉本で養った

「謝罪力」を活かして、企業の

危機管理・コミュニケーションコンサルタントとして

活躍をされています。

スポンサードリンク

竹中さんが取り仕切った謝罪会見は?

有名な謝罪会見は次のとおりです。

・島田紳助さんの引退会見

・河本準一の親族による生活保護不正受給問題

・たむらけんじが運営する焼肉店の食中毒事件の謝罪会見

謝罪会見以外でも、当時、吉本で

何か起こったときは竹中さんの指示を

請う流れになっていました。

そのため、多忙を極め、

ひとつひとつの仕事のクオリティーが

落ちることを懸念して、退社に至りました。

「謝罪マスター」として、久米宏さんの

ラジオ番組で次のような回答をしています。

「相手の気持ちに立ってみることができない人はお詫びが下手ですね。最近の大臣やお偉いさんは、自分がやったことが悪いとは思っていないから当然謝れない。本来、謝る人は気づいて反省して再発防止策まで含めて、誰が誰に何を謝るかがセットで謝罪」

出典:https://www.tbsradio.jp

最近、森元首相が女性蔑視の発言から

オリンピック組織委員の会長職を辞任しました。

森さんの謝罪会見を見ましたが、

私は森さんが発言を悪いことと思っておらず、

謝罪をしろと周りが言うからしているという風に感じました。

竹中さんの言うとおり、

自分がやったことを悪いと思っていないと

見ている人が納得しないことは当然だと思います。

また、竹中さんは作家と体も活躍しています。

読んで面白かった竹中さんの本2冊について、

私の感想を添えて紹介します。

よい謝罪

謝罪会見に向けたシナリオづくりなど、
事象が発生してから謝罪をするまでの
シナリオが非常に具体的に描かれています。
ここまで詳細に書かれた謝罪の
マニュアルをみたのははじめてです。
サラリーマンとしてもこのやり方に沿えば
うまく謝罪ができるというマニュアル本です。

吉本興業史
吉本の歩んできた歴史もさることながら、

経営者視点で吉本興業の発展の歴史を知れます。

今、儲けている企業が今後も儲け続けるには

変化が必要であり、

吉本興行も常に変化をしていることがわかりました。

「笑える会社」としての社会の変化にも

どこにも負けないアドリブ力で未来に

突き進んでいることがわかり、

企業経営の参考になるビジネス書です。

スポンサードリンク

竹中功さんは結婚して妻や子どもがいるの?

調査してみたところ、竹中さん結婚歴があることがわかりました。

数十年前に離婚をしていることも明かしています。

離婚した理由は当時の奥様とケンカが理由でした。

離婚以降はずっと独身です。

子どもに関する情報はありませんでした。

竹中功さんの現在の職業や年収は?

現在は、株式会社モダン・ボーイズを設立し、

作家としても謝罪関連から広報、

コミュニケーションの専門家としての出版も多数しております。

また、講演会やセミナーでのコンサルタント活動、

変わったところでは刑務所での

釈放前改善活動を行っています。

また、ワタナベエンターテインメントの

広報顧問も務めています。

年収は非公表ですが、これだけ多くの役職を持ち、

メディアの出演もあればかなりの額に

及ぶのは間違いないでしょう。

まとめ

2月27日放送のNHK Eテレ

「SWITCH インタビュー 達人達(たち)

「竹中功×田畑栄一」に

出演する元・吉本興業の竹中功さんについて調べてみました。

吉本では芸人養成所NSCの立ち上げ、

劇場なんばグランド花月などの立ち上げに携わり、

吉本の成長を中心となって支えたことがわかりました。

吉本退社後も、

吉本で数ある謝罪会見を仕切った経験を活かして、

謝罪マスターとして出版、講演等など精力的に活躍をしています。

竹中さんが謝罪会見で大事にしていることを知り、

今後の会見をこれまでと違った目線で

見ることができそうです。

表現は良くないかもしれませんが、

今後の謝罪会見を見るのが楽しみになりました!

竹中さんの今後の活躍も期待しています!

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする